時候の挨拶

初雪の候の読み方と意味は?使える時期と時候の挨拶を含む例文も紹介!

初雪の候 時候の挨拶 読み方 意味 例文

https://sakidori-lab.com

 

手紙や、ビジネス文を書くときに使う時候の挨拶。

その一つに、「初雪の候」があります。

初雪という漢字のニュアンスから、なんとなく、冬に使う時候の挨拶かなと思っている方も、多いのかもしれませんね。

時候の挨拶は、使う時期を間違えると、お相手に、失礼になることもあります。

ですので、使える時期を正しく知っている必要がありそうです。

ということで、今回は、「初雪の候」の読み方と意味、使える時期や、ビジネス文の具体的な例文などをご紹介します。

 

 

初雪の候の読み方と意味は?

「初雪の候」の読み方は、(はつゆきのこう)と読みます。

時候の挨拶は、漢字の部分を音読みにするのが一般的ですが、この場合は、漢字の部分を訓読みにしますので、例外的な読み方と言えると思います。

候は、もともと、兆し、兆候などの意味が込められています。

時候の挨拶として使う場合は、時節、気候を表しています。

「〇〇の候」は、「〇〇の季節になりましたが‥」という意味が込められています。

初雪は、文字通り、初雪が降り始めるころのことを指しています。

新年に入ってから、初めて降る雪のことです。

初雪の反対語は、終雪です

 

 

初雪の候が使える時期は?

初雪の候を使う具体的な時期は、とても難しいです。

というのは、初めて雪が降ってくる時期が日本各地で、異なっているからです。

ただ、実際に、いつ降ったかということは、関係なく、降りそうなくらい寒くなった時期という意味ですので、一般的には、10月下旬から12月末頃まで使えるということになります。

喪中で、年賀状が出せない時、それを知らせるための手紙の書き出しとしても使えます。

その場合は、遅くとも、12月上旬までに、お知らせのハガキを出すと良いと思います。

 

 

初雪の候を使った例文

ここでは、「初雪の候」を使った例文をビジネス・公的な手紙、上司・恩師に送る手紙、友人・知人に送る手紙の三つのシーンに分けて、ご紹介します。

 

ビジネス・公的な手紙

〔書き出し〕

拝啓 初雪の候、貴社、ますます隆昌のことと、お慶び申し上げます。平素は、格別のご厚情を賜り、心よりお礼申し上げます。

拝啓 初雪の候、貴社、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

〔結び〕

厳しい寒さが続きますが、皆さま、体調をお崩しになりませんように。敬具

本年のご厚情に感謝いたしますとともに、皆様、お元気で新年をお迎えになられますよう、お祈りいたします。敬具

 

上司・恩師に送る手紙

〔書き出し〕

拝啓 初雪の候、〇〇様におかれましては、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

拝啓 初雪の候、〇〇様には、お元気でお過ごしのことと存じます。

[結び]

ご家族お揃いで、穏やかな新年をお迎えください。かしこ

年の暮れを迎え、ご多忙とは存じますが、ご自愛専一に、お願い申し上げます。かしこ

 

友人・知人に送る手紙

〔書き出し]

初雪の候、いよいよ、寒さも本格的になってまいりましたが、風邪などひいてませんか?

初雪の候、忘年会シーズンを迎えました。お変わりないですか?

〔結び〕

忘年会も多いこの季節、お酒の飲み過ぎには注意してください。

家族みんなで、穏やかな新年をお迎えください。

 

 

さいごに

初雪の候の読み方は、漢字の部分を訓読みにして、(はつゆきのこう)と読みます。

時候の挨拶は、漢字の部分を音読みにするのが一般的です。

ですので、「初雪の候」は、例外的な読み方と言えるのかもしれません。

初雪の候の意味は、文字通り、「初雪の降る頃」を表しています。

候は、天候、気候、季節を表す言葉です。

ですので、「初雪の候」は、「冬になり、初雪の降る季節になりましたが‥」という意味になります。

初雪の候の使える時期は、11月下旬から12月上旬頃までになります。

ということで、あなたも、「初雪の候」を使って、親しい方や友人に、冬の寒さを気遣う手紙を出してみてはいかがでしょうか?

風情があっていいと思いますよ。

 

よろしければクリックおねがいします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ

-時候の挨拶

© 2020 Sakidori Lab