時候の挨拶

芳春の候の読み方と意味は?使える時期と時候の挨拶を含む例文も紹介!

芳春の候 時候の挨拶 読み方 意味 例文

https://sakidori-lab.com

 

手紙やビジネス文書などで、その時の季節感を織り交ぜる習慣として、時候の挨拶があります。

「芳春の候」もその一つです。

芳春という漢字のニュアンスから、春に漂う花のいい香りという、綺麗なイメージがある言葉です。

時候の挨拶は、誤った使い方をすると、お相手に良い印象を与えないので、使える時期や意味を正しく理解しておく必要があります。

そこで今回は、「芳春の候」の読み方や意味、使える時期や、挨拶文の具体的な例文などについてご紹介します。

 

 

芳春の候の読み方と意味は?

「芳春の侯」の読み方は、漢字の部分を音読みにします。

これは、一般的な時候の挨拶の読み方になります。

つまり、(ほうしゅんのこう)と読みます。

比較的簡単なので、間違いが少ないと思われます。

芳春の意味は、花の香りを迎える春となります。

芳の漢字は、芳しいいい香り、心が美しいなど、プラスイメージを持っています。

侯は、天候や気候を表しています。

時候の挨拶で使われる時は、折、頃といった意味で使われます。

ですので、「芳春の候」全体の意味としては、「新春の佳き日を迎えます」とか、「素晴らしい初春の季節になりましたが..」といった意味になります。

 

 

芳春の候が使える時期は?

「芳春の侯」の使える時期は、主に1月です。

特にピッタリなのが、1月の中旬ぐらいまでとなります。

この時候の挨拶は、新春のおめでたい雰囲気、新春の門出に使われるものだからです。

1月5日頃には、小寒も迎え、寒の入りとなります。

以降、2月4日の立春に寒の開けを迎えるまでが暦の上で、冬となります。

「芳春の候」は、お正月のイメージが強い挨拶なので、気候の暑さ、寒さはそれほど関係ないと思われます。

 

 

芳春の候を使った例文

ここでは、「芳春の侯」を使った例文をビジネス・公的な手紙、上司恩師に送る手紙、友人・知人に送る手紙の3つのシーンに分けて、ご紹介していきます。

 

ビジネス・公的な手紙

〔書き出し〕

拝啓 芳春の候、貴社、ますます幸多き年になられる吉兆、お慶び申し上げます。

拝啓 芳春の候、貴社の皆様におかれましては、良いお年をお迎えのことと、お慶び申し上げます。

〔結び〕

本年も変わらぬご支援ご交誼を賜りますようよろしくお願い申し上げます。敬具

本年も変わらぬお付き合いをいただきたく、お願い申し上げます。敬具

 

上司・恩師に送る手紙

〔書き出し〕 拝啓 芳春の候、皆様お健やかに新年をお迎えのことと、慶賀の至りに存じます。

拝啓 芳春の候、新春のお慶びを申し上げます。

〔結び〕

本年も変わらぬお付き合いの程、お願い申し上げます。敬具

本年もよろしくご指導のほどお願い申し上げます。敬具

 

友人・知人に送る手紙

〔書き出し〕

芳春の候、皆様お揃いで、良き年をお迎えのことと思います。

芳春の候、皆様、素晴らしい年をお迎えのことでしょう。

〔結び〕

年始ご多用の折ご自愛ください。

時節柄、体調を崩されませんようお過ごしください。

 

 

さいごに

「芳春の候」は、主に1月に使う時候の挨拶です。

「芳春の候」の読み方は、漢字を全て音読みにして、(ほうしゅんのこう)と読みます。

芳春の意味は、「花の香りを迎える春」です。

侯は、天候や気候を表していますが、時候の挨拶で使われる時は、折、頃といった意味になります。

「芳春の侯」全体の意味としては、「新春の佳き日を迎えました」、「素晴らしい初春の季節になりましたが..」といった意味になります。

「芳春の候」の使える時期は、新年明けてから、1月中旬ぐらいまでがぴったりです。

ということで、この冬、あなたも、芳春の侯を使って、親しい方や、ご友人に、お手紙を書いてみてはいかがですか?

年賀状とはまた違った趣があって、良いと思いますよ。

 

よろしければクリックおねがいします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ

-時候の挨拶

© 2020 Sakidori Lab