今日は何の日

怪談の日が8月13日になった由来は?制定に稲川淳二が関わっている?

怪談の日,8月13日,稲川淳二,怪談ナイト,松江ゴーストツアー

https://sakidori-lab.com

 

みなさんは「怪談の日」という日があることを知っていますか?

夏になると暑さを和らげるため怪談をしてヒヤっと体験をするということがあると思います。

今回は怪談の日についてとイベントなどについてもまとめていきますのでぜひ見てください!

 

 

「怪談の日」とは?

「怪談の日」とは8月13日に制定されています。怪談の日の意味や由来について説明していきます。

 

※怪談とは

怪談は、怖さや怪しさを感じさせる物語の総称です。

日本古来のものを限定して呼ぶ場合もあります。

その中でも、四谷怪談・皿屋敷・牡丹燈籠の三話は「日本三大怪談」に数えられています

怪談は日本内では夏の風物詩として楽しまれています。

 

意味・由来

「怪談」をエンターテインメントとして確立した稲川淳二が制定した日です。

稲川淳二自身の「MYSTERY NIGHT TOUR 稲川淳二の怪談ナイト」20周年連続公演を記念しました。

この日付は第1回の公演が1993年8月13日にクラブチッタ川崎で開催されたことから定められました。

そしてこの怪談記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録されています。

 

 

「怪談の日」のイベント

続いて8月13日の怪談の日に行われているイベントについてまとめていきます。

 

「稲川淳二の怪談ナイト」

まずは怪談を有名にしたといっても過言ではない稲川淳二さんが行なっている「稲川淳二の怪談ナイト」について紹介していきます。

【稲川淳二の怪談ナイトとは】

1993年のお盆8月13日金曜日そ深夜に、当時では例を見ない異色のイベント「川崎ミステリーナイト」がクラブチッタ川崎で実施されました。これが怪談ナイトの先駆けです。

そして次の年の1994年には同会場にてオールナイトで5時間のワンマン単独公演を実施しました。

それ以来フランチャイズとも言えるクラブチッタでは毎年ツアー千秋楽としてオールナイト公演を実施しています。

1995年、「MYSTERY NIGHT TOUR 1995 稲川淳二の怪談ナイト」と銘打ち初の"怪談"全国ツアーが開催されており、1995年から今年(2020)に至るまで少しずつ規模を拡大しながら夏の定番イベントとして定着しています。

稲川淳二の怪談ナイトといえば夏に近づくにつれテレビCMでよく見かけるようになるので知っているという方も多いと思います。

なんと28年もの間連続公演をしている有名なイベントなんです。

 

「松江ゴ-ストツア-」

続いて島根県松江市で行われる「松江ゴーストツアー」について紹介していきます。

城下町の松江には、※小泉八雲が再話した怪談の舞台があちらこちらにあります。

その怪談スポットを巡りながら八雲の怪談を体感し、夜の魅力を再発見しようというのが「松江ゴーストツアー」なんだそう。

闇を見つめることで五感力を磨き、灯りの溢れた現代社会に暮らす私たちに新鮮な経験になります。

まずは、小泉八雲の曾孫・小泉凡さんによる「小泉八雲-異界への旅」と題する講演のあとに松江の郷土料理を味わい、怪談の世界へと行きます。

地元の語り部が、静かに思いを込めて「怪談」ゆかりの地を案内してくれるというツアーになります。

現在(2020年7月)休止中なんだそうです。

 

※ 小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)

小泉八雲は1850年にギリシャのレフカダで生まれ、アイルランドで育ち、アメリカ、カリブ海のマルティニーク島を経て、1890年に特派記者として来日、1904年に東京で亡くなった人物です。

ゴーストツアーが行われている松江では島根県尋常中学校の英語教師として約1年3ヶ月を過ごし山陰地方の霊的世界にとりわけ深い共感を抱きました。

後に妻となる小泉セツも松江の出身だったため八雲は生涯この地と強い絆で結ばれていました。

 

 

怪談ブ-ムの火付け役は?

怪談ブームというのは100年に一度起きていると言われているそうですが、近年また怪談ブームが起きているんだそうです。

現在の怪談ブームの火付け役は怖い絵本として話題になった「怪談えほん」シリーズです。

なんと著者は俳優の佐野史郎さんです。

怪談あるあるな「これみたいけどこわい……こわいけどみたいな……」という気持ちをそそる絵本になっているそうです。

 

【感想】

○文だけ読んでも、 絵だけ見ても、 怖い!そして文と絵が互いに怖さの相乗効果を引き出している感じ。 不穏な湿った空気感…。 これ怖いってわかっていても最後まで読んじゃうやつです。 佐野史郎さん作ということで興味を持った大人にも、 充分手応えある絵本なのではないでしょうか?(教育関係者)

○怖い。 読み進めてわかる状況に、 何度もページを行ったり来たり。 言葉のリズムよく進んで行くところも、 怖さを増幅させる。 窓に映った自分の顔にビックリ。 最後はどうなるのかは、 読んでのお楽しみ。 (書店員)

○かたかたかた。 風でもないのにまどをならすのはなんでしょう。 ちょっとゴーリーを思わせるようなハダタカヒトさんの、 緻密なイラストが恐怖に不気味な色を添えます。 文字だけ読んだときのリズム感のある文章の不思議な怖さ。 繰り返し読むうちにわかってくる絵の違和感の正体と、 絵をじっくり見なければわからない別の怖さ。 ラストの余韻。 今までの怪談えほんとはまた違った怖さ。 繰り返し読むという絵本ならではの世界が素晴らしい。 (レビュアー)

○すごいメンバーがガチで怖い絵本を作ったらこうなった……という1冊ではないだろうか。 物語は他愛のない子供の遊びから始まる。 しかし、 進むにつれて何か違和感を感じるように。 どうなってしまうのだろうというラスト。 無垢と狂気、 恐怖は紙一重……という部分がじわじわ来た。 子供にとってはトラウマ級の怖さかもしれない。 怪談好きは必読!(メディア関係者)

このようにこわいけど面白いという意見がすごく多かったです。

子どもが読むとなると少し刺激が強すぎるかもしれないので、読む際には気をつけてください、

怪談が好きできになる!という方はぜひ読んでみてくださいね。

 

 

さいごに

今回は8月13日の「怪談の日」についてまとめていきました。

怪談というのは昔から語り継がれていて誰もが一度は聞いたことのある盛り上がったことのある内容なのではないかと思います。

暑い夏がやってきたこの時期にぴったりの怪談を友達や家族としてみるのもいいかもしれません。

 

よろしければクリックおねがいします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ

-今日は何の日

© 2020 Sakidori Lab