時候の挨拶

季春の候の読み方と意味は?使える時期と時候の挨拶を含む例文も紹介!

季春の候 時候の挨拶 読み方 意味 例文

https://sakidori-lab.com

 

最近は、メールなどのやり取りが増え、手紙を書くことが少なくなりました。

とはいっても、大切な方への季節の挨拶は、手紙で送りたいですよね。

手紙や、ビジネス文では、文頭で、時候の挨拶を用います。

その一つに、季春の侯があります。

なんとなく春の季節に使うのかなという印象を持ちますよね。

日本人なら、その意味や、使える時期を正しく知っておく必要がありそうです。

ということで、今回は、季春の侯の読み方や、意味、使える時期や、ビジネス文の具体的な例文などについて、ご紹介します。

 

 

季春の候の読み方と意味は?

季春の侯は、漢語調の挨拶ですので、漢字を全て音読みにして、(きしゅんのこう)と読みます。

季春は、春の終わりの一ヶ月間を意味していて、旧暦の3月の異称でもあります。

春爛漫の季節から、桜が散る頃までに、用いる表現です。

候は、気候、天候、季節を表す表現で、時候の挨拶で使う場合には、頃や、折という意味になります。

ですので、「〜の侯」は、「〜の季節になりましたが‥」という意味が込められています。

季春の侯全体としては、「春も、終盤に入りましたが‥」とか、「桜が散り始めた頃になりました」という意味になります。

 

 

季春の候が使える時期は?

立春の候を使う時期は、いつからいつまでなのでしょうか。

「季春の侯」は、春の最後の一ヶ月に使う時候の挨拶です。

具体的には、清明(4月5日頃)から、立夏(5月6日)の前日までになります。

5月に入ると、初夏の時候の挨拶に変わりますので、季春の侯は、4月末までにとどめておいたほうが良さそうです。

ただし、旧暦の3月を当てはめて、そのまま3月に使うこともありますので、「季春の侯」の使う時期は、正しく理解しておく必要がありそうです。

 

 

季春の候を使った例文

ここでは、「季春の侯」を使った例文をビジネス・公的な手紙、上司恩師に送る手紙、友人・知人に送る手紙の3つのパターンに分けてご紹介します。

 

ビジネス・公的な手紙

〔書き出し〕

拝啓 季春の侯、うららかな季節を迎えました。貴社、いよいよご清栄のこととお慶び申し上げます。

拝啓 季春の侯、春たけなわとなりました。貴社、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

〔結び〕

色とりどりの花が咲く季節です。一層のご活躍をお祈り申し上げます。

新年度の行事の多い季節です。社員の皆様には、一層のご健勝をお祈り申し上げます。

 

上司・恩師に送る手紙

〔書き出し〕

拝啓 季春の侯、花冷えの季節でございます。皆様いかがお過ごしですか?

拝啓 季春の侯、若葉萌えいづるころ、御一同様には、ご活躍のこととお慶び申し上げます。

〔結び〕

桜花爛漫の候季節、皆様には一層のご健勝を心よりお祈りいたします。敬具

色とりどりの花が咲く季節、ますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。敬具

 

友人・知人に送る手紙

〔書き出し〕

季春の侯、花だよりも伝わる今日この頃、お元気でお過ごしですか?

季春の候、春の日差しも心地よい今日この頃、お元気ですか?

〔結び〕

桜花爛漫のおり、近いうちに、お花見でもいたしましょう。

花冷えの候、くれぐれもご自愛ください。

 

 

さいごに

季春の侯は、主に4月に使う時候の挨拶です。

季春の侯の読み方は、漢字の部分を全て音読みにして、(きしゅんのこう)と読みます。

季春は、春の終わりの一か月を意味していて、旧暦の3月の異称でもあります。

侯は、気候、天候、季節を表す表現で、時候の挨拶では、「〇〇の季節ですが‥」という意味が込められています。

「季春の侯」全体としては、「春の終わりの時期に入りましたが‥」とか、「桜が散り始めるこの頃ですが‥」という意味になります。

季春の侯の使える時期は、清明(4月5日)から、立花(5月6日)の前日までになります。

ということで、この春、あなたも、季春の侯を使って、親しい方や、ご友人に、春の季節を愛でる手紙を書いてみてはいかがですか?

きっと、お相手に喜ばれると思いますよ。

 

よろしければクリックおねがいします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ

-時候の挨拶

© 2020 Sakidori Lab