時候の挨拶

季秋の候の読み方と意味は?使える時期と時候の挨拶を含む例文も紹介!

季秋の候 時候の挨拶 読み方 意味 例文

https://sakidori-lab.com

 

手紙や、ビジネス文書などを書く時に、冒頭に用いるのが時候の挨拶。

その一つに、季秋の候があります。

手紙に使う時候の挨拶は、使える時期が限られているので、時期を誤ると、送り手が恥をかくことになりかねません。

季秋の候は、どんな意味があるのでしょうか?

使える時期は、いつから、いつまでなのでしょうか?

知っておけば、時期を間違えることもないかと思います。

そこで、今回は、季秋の候の読み方と、意味、使える時期や、ビジネス文の具体的な例文などをご紹介したいと思います。

 

 

季秋の候の読み方と意味は?

季秋の候の読み方は、漢字の部分を全て音読みにして、(きしゅうのこう)と読みます。

時候の挨拶は、ほとんどが漢字を音読みにするのが普通です。

季秋の候も、例外ではありません。

季秋とは、秋の終わりの時期を表す言葉で、いわゆる初秋、仲秋、晩秋の晩秋と同じ意味になります。

また、旧暦の9月とも言われています。

候は、天候や、気候雪を表す言葉です。

「〜でございます」という意味の古文調の表現の候とは、意味が全く異なっていますので、注意が必要です。

「◯◯の候」は、「◯◯の季節を迎えましたが‥」という意味になります。

これらのことから、季秋の候は、「秋の終わりの時期を迎えましたが‥」という意味になります。

使われることの多い晩秋よりも、洗練された感じがするので、女性に好まれる表現なのかもしれませんね。

 

 

季秋の候の使える時期は?

季秋の候の使える時期は、いつからいつまでなのでしょうか?

季秋は、旧暦の9月のことです。

晩秋とほぼ同じ時期に使います。

旧暦の9月を現行歴に置き換えると、9月下旬から、11月上旬にあたり、2ヶ月前後のかなりの幅があります。

現行の暦では、9月、10月、11月が秋ですので、季秋の候の使える時期は、10月下旬から、11月上旬頃が最適です。

霜降(10月23日頃)〜立秋(11月7日頃)がひとつの目安となります。

ただ、新暦では、11月までは秋としていますので、11月いっぱいぐらいまで、使ってもかまわないと思います。

 

 

季秋の候を使った例文

ここでは、「季秋の候」を使った例文をビジネス、公的な手紙、上司や恩師への手紙、友人、知人への手紙の3つのシーンに分けて、例文をご紹介します。

 

ビジネス・公的な手紙

〔書き出し〕

拝啓 季秋の候、貴社、下さいますますご清栄のこととお慶び申し上げます.。

拝啓 季秋の候、平素は、格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

〔結び〕

鮮やかな紅葉の季節、どうぞ、お健やかにお過ごしください。敬具

夜間の折、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。かしこ

 

上司・恩師に送る手紙

〔書き出し]

拝啓 季秋の候、健やかにお過ごしのことと存じます。

拝啓 季秋の候、鮮やかな紅葉の季節、その後、お変わりございませんか?

〔結び〕

向寒の折、くれぐれも、ご自愛ください。かしこ

夜風が身に染みる季節となりました。お体には、どうかお気を付けください。かしこ

 

友人・知人に送る手紙

〔書き出し〕

季秋の候、枯葉舞い散る季節ですが、お変わりありませんか?

季秋の候、秋も深まりましたが、お変わりございませんか?

〔結び〕

朝晩、冷え込んでまいりました。お体を大切に。

天候不順の折、体調を崩されませんように。

 

 

さいごに

「季秋の候」は、文字通り、秋の季節に使う時候の挨拶です。

「季秋の候」の読み方は、漢字の部分を音読みにして、(きしゅうのこう)と読みます。

「季秋」とは、秋の終わりの季節という意味です。

「候」は、天候や季節を表す言葉で、「◯◯候」は、「◯◯の季節になりましたが‥」という意味になります。

ですので、季秋の候は、「秋の終わりの時期になりましたが‥」という意味です。

「季秋の候」の使える時期は、10月下旬から11月上旬頃がぴったりですが、11月いっぱい頃まで、使っても、差し支えないでしょう。

ということで、あなたも、この秋、季秋の候を使って、親しい人や、友人に、お手紙を書いてみてはいかがでしょうか?

 

よろしければクリックおねがいします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ

-時候の挨拶

© 2020 Sakidori Lab