天体観測

ペルセウス座流星群の観測条件や観察のコツを紹介!2020年はいつ?

ペルセウス座流星群,2020,いつ,観測条件,コツ

https://sakidori-lab.com

夏の風物詩のひとつである「ペルセウス座流星群」を知っていますか?

今回はこのペルセウス座流星群は2020年はいつみることができると言われているのかということや、みやすい時間帯などを詳しくまとめていきます。

ペルセウス座流星群についても紹介していくのでぜひ見てくださいね。

 

2020年のペルセウス座流星群はいつ?

2020年のペルセウス座流星群が特に見えやすい期間が8月11日〜13日の間と言われています。

しかし今年は下弦ということもあり観察しやすいとされる時間のほとんどが月明かりに照らされており、流星の数はあまりみることができないと予想されているそうです。

ここからは何時から何時までが見えやすいかなどもまとめていくのでぜひ最後まで読んでくださいね!

 

ペルセウス座流星群とは?

ペルセウス座流星群とは三大流星群のひとつであり、年間でも常に1・2を争う流星数を誇っています。

条件がよい時に天体観察をよくしている観測者が見ると、1時間あたり80個以上の流星が観測されるほどです。

そして、極大の時期がお盆の直前ということで毎年夏休みなどの時期と重なり多くの人が注目しやすい流星群として有名です。

 

ペルセウス座流星群の観測条件は?

2020年のペルセウス座流星群の観測条件を紹介していきます。

今回のペルセウス座流星群の出現期間や見えやすい時刻、そしてどこを見るとよく見えるかということやみる時のコツなどをまとめていきます。

もし、今年の流星群を一瞬でも見たいという方はここからの内容をしっかりと覚えて見てみるといい結果が得られるかもしれません!

 

流星出現期間

今年多くの流星を見ることができるのは、11日の夜から13日の夜までの3夜とされています。

そして12日の夜に最も多くの流星が出現すると予想しているそうです。

今年のこの期間は月明かりに照らされると予想されているので終始明るいといわれていますが、空の暗い場所で観察すると、最大で1時間あたり30個ほどの流星を見ることができるとと予想されます。

11日〜13日の夜が出現期間なのでお盆の時期とかぶるため比較的みんながみることができますよね。

これがペルセウス流星群の特徴なので家族で流星群を見て楽しむことができそうです。

 

見やすい時間帯は?

見やすい時間帯としては3日間いずれの夜も、21時頃から流星が出現してくるのでその時間から見ているといいでしょう。

そして夜半(23:30〜24:30)を過ぎて薄明(日の出前・日の入り後のぼんやりした明るい時間)に近づくにつれて流星の数が多くなっていきます。

そのため、8月12日21:00すぎ〜夜明けまでが一番見えやすい時間帯と言われています。ずっとこの時間見ておくということは難しいと思うのでこの時間帯のどこかで1時間ほど観察してみるのもいいかもしれません。

もし絶対に見たい!という場合はコロナウイルスが落ち着いていればキャンプなどをしてずっと見ているということもいいかもしれません。

 

見える方角は?

流星は空全体に現れます。

いつどこに出現するかは予想することができないので、なるべく空の広い範囲を見渡すようにするといいです。

しかし今回は月明かりが強いので特に月は視界に入らないようにした方がよく見えやすいです。月とは逆を見るという考えで見ていくといいかもしれません。

重視する点をまとめていくと、ずっとひとつの場所をみていくのではなく、全体的に周りを見渡しておくということと月明かりが明るいので月とは真逆の方向を中心に見ていくということが大切になっていきます。

これらの点を覚えておいて観測してみてください。

 

流星の数は?

ペルセウス座流星群はピーク時には1時間に30~60個と、毎年安定して出現数が多く、明るい流星が多いのも特徴になっています。

大体1時間に30個観測できるとして5時間見ていれば150個出現するので比較的見やすい流星群です。

しかし人工の明かりが多い都市部では3分の1しか見ることができないという話もあるのでもしかしたら1時間に10個しか見える流星群が観測できないなんてこともあるかもしれません。

 

ペルセウス座流星群観察のコツ

まず、目が屋外の暗さに慣れるまで、最低でも15分ほどは観察を続けましょう。レジャーシートを敷いて地面に寝転ぶなど工夫をすると楽にみることができます。

そしてできるだけ、街灯など人工の明かりが少ない場所を選びましょう。

流星などの光は街灯の明かりなどに比べるととても弱いものになっています。

そのため、人工の明かりが多いとその明るさに邪魔をされて暗い流星が見づらくなります。すると見ることのできる流星の数が少なくなってしまいますよね。

大都市のように人工の明かりが多い市街地では、予想出現数の数分の一にも満たない可能性があります。

どうしても見たいという方は大都市から離れて、人工の明かりが少ない自然豊かな場所に行くことで多くの流星を見ることができる可能性が増えます。

今年は特に月明かりが明るいと言われているので月を真正面にして見ずに月と真逆の方向を向いて観測してください。

そして注意点としては、外で見る場合は大騒ぎしない・車や足元に注意する・子どもたちだけで行動しないなどのマナーや安全にも気をつけていきましょう。

 

さいごに

今回はペルセウス座流星群について紹介していきました。

2020年もお盆の期間に見ることができるのでもし自然の多いところへ帰省するという方は見えやすいかもしれません。

しかし、今年は新型コロナウイルスの影響により県またぎをしたり旅行をすることが簡単ではなくなっていますよね。

そのため家から車で行ける少し自然の豊かなところで流星群を観察するなどをするといいかもしれません。

今回紹介した流星群を見るコツや見えやすい時間帯や場所などを頭に入れておくと見える確率が上がります。

今年はイレギュラーなことが多く心も忙しい年なので流星群をみて癒されませんか?

-天体観測

© 2020 Sakidori Lab