時候の挨拶

立冬の候の読み方と意味は?使える時期と時候の挨拶を含む例文も!

立冬の候 時候の挨拶 読み方 意味 例文

https://sakidori-lab.com

 

 

手紙やビジネス文において、日本ならではの季節感をもたらしてくれる時候の挨拶。

その一つに、「立冬の候」があります。

立冬は、いわゆる旧暦の二十四節気の一つにもなっていて、使う時期が限られています。

ですので、正しい時期に使わないと、送り先に良い印象を持ってもらえないと思います。

そこで、今回は、「立冬の候」の読み方や意味、使える時期や、ビジネス文の具体的な例文などについて、ご紹介します。

 

 

立冬の候の読み方と意味は?

「立冬の候」の読み方は、漢字の部分を全て音読みにして、(りっとうのこう)と読みます。

立冬は、二十四節気の一つで、よく使われる表現ですので、聞き慣れていて、読み方を間違えることはまずないでしょう。

立冬は、毎年11月7日頃を示しており、この頃を境に、暦の上では、冬になります。

旧暦では、立冬から立春の前日までの季節を冬と呼んでいます。

「候」は、季節や時節、自然現象を表す言葉です。

「〜の候」は、「〜の季節になりましたが」という意味合いが込められています。

ですので、「立冬の候」の意味は、「いよいよ冬の季節を迎えましたが‥」という意味になります。

 

 

向寒の候が使える時期は?

「立冬の候」を使える具体的な時期は、11月7日から11月21日頃までになります。

二十四節気は、その日、その当日だけを示すこともありますが、一定の期間を意味することもあります。

立冬の次の季節は、小雪で、11月22日頃を示しています。

ですので、その前日までが立冬を使える時期になります。

立冬のように、二十四節気を含む時候の挨拶では、使える時期がはっきり決まっていますので、とてもわかりやすいですね。

新暦では、12月から2月を冬としていますが、旧暦では、10月から12月を冬としていました。

ですので、新年を迎えると、初春や新春などと、春を使った表現を使うのです。

立冬は、使える時期が意外に短いので、注意が必要です。

 

 

立冬の候を使った例文

ここでは、「立冬の候」を使った例文をビジネス・公的な手紙、上司・恩師に送る手紙、友人・知人に送る手紙の三つのシーンに分けて、ご紹介します。

 

ビジネス・公的な手紙

〔書き出し〕

拝啓 貴社、ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。

拝啓 立冬の候、貴社、ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。

〔結び〕

今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。敬具

貴社のなお一層のご発展を心よりお祈り申し上げます。かしこ

 

上司・恩師に送る手紙

〔書き出し〕

拝啓 立冬の候、まるまる様におかれましては、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

拝啓 立冬の候、肌寒くなる今日この頃、〇〇様には、いよいよご清栄のこととお慶び申し上げます。

[結び]

今後とも、旧にまさるご高配をお願い申し上げます。かしこ

時節柄、どうかご自愛くださいませ。かしこ

 

友人・知人に送る手紙

〔書き出し]

立冬の候、吐く息も白くなり、冬が近づいていることを感じています。お元気ですか?

立冬の候、紅葉の綺麗な季節になりました。いかがお過ごしですか?

〔結び〕

木枯らしが吹きすさぶ季節、お体を大切にしてください。

向寒の折柄、お体おいといください。

 

 

さいごに

「立冬の候」の読み方は、漢字の部分を全て音読みにして、(りっとうのこう)と読みます。

よく使う表現なので、読み方は、それほど難しくないと思います。

立冬は、まさに、冬の始まりの季節を表しています。

候は、季節と時節、天候などを表す言葉で、「〇〇の候」は、「〇〇の季節になりましたが‥」というニュアンスで使います。

ですので、「立冬の候」は、「いよいよ、冬が始まる季節になりましたが‥」という意味になります。

「立冬の候」の使える時期は、立冬(11月7日頃)から、小雪(11月22日頃)の前日までとなります。

「立冬の候」は、二十四節気にある季節の一つなので、使える時期がはっきり決まっていて、分かりやすいですね。

ということで、あなたも、この秋、「立冬の候」を使って、親しい方や友人に、冬の始まりを告げる手紙を書いてみてはいかがですか?

 

よろしければクリックおねがいします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ

-時候の挨拶

© 2020 Sakidori Lab