時候の挨拶

霜降の候の読み方と意味は?使える時期と時候の挨拶を含む例文も紹介!

霜降の候 時候の挨拶 読み方 意味 例文

https://sakidori-lab.com

 

手紙などを書く時に使う時候の挨拶。

その1つに、「霜降の候」という言葉があります。

漢字から、推測すると、霜が降りる頃かなとイメージできます。

ですが、正確には、いつ使えるのか?どんな意味があるのか?

ご存じない方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今回は、「霜降の候」について、読み方や意味、使える時期や、ビジネス文の具体的な例文などについて、ご紹介したいと思います。

 

 

霜降の候の読み方と意味は?

霜降とは、二十四節気で、寒露の次の季節です。

読み方は、漢字の部分を全てお読みにして、(そうこうのこう)と読みます。

霜降り肉という言葉があるため、霜降りの候と、勘違いしてしまいそうですが、そうではありませんので、読み間違えないように、気をつけたいですね。

霜は、冷たい空気で、大気中の水分が結晶化し、草木の表面や地面が白くなる現象のことです。

気温が0度以下になると、霜が降りやすくなります。

霜降は、霜が冷気によって、露が冷気によって、霜になり、降り始めるころを指しています。

候は、季節、気候、天候を示す言葉で、「◯◯の候」は、「◯◯の季節になりましたが‥」という意味になります。

ですので、「霜降の候」は、「露が冷気によって、霜になって、降り始める季節になりましたが‥」という意味になります。

 

 

霜降の候が使える時期は?

「霜降の候」は、いつから、いつまで、使えるのでしょうか?

二十四節気のひとつに、霜降があります。

「霜降「」は、10月22日頃のことですので、使い始めは、この日からとなります。

いつまで使えるのかというと、立冬(11月7日頃)の前日(11月6日頃)となります。

立冬は、まさに冬が始まる時期で、旧暦では、立冬からは、冬ですので、霜降は、立冬の前の日までということになります。

ですので、霜降の候が使えるのは、10月22日頃から11月6日頃となります。

 

 

霜降の候を使った例文

ここでは、「霜降の候」を使った例文をビジネス、公的な手紙、上司や恩師への手紙、友人知人への手紙の3つのシーン別に、ご紹介したいと思います。

 

ビジネス・公的な手紙

〔書き出し〕

拝啓 霜降の候、貴社におかれましては、爽やかな実りの秋を迎えられていることと存じます。

拝啓 霜降の候、日増しに寒くなる今日この頃です。皆様におかれましては、益々ご隆盛のことと、お慶び申し上げます。

〔結び〕

夜露の折、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。敬具

秋晴れの爽やかな折、貴社のさらなるご発展を心よりお祈り申し上げます。敬具

 

上司・恩師に送る手紙

〔書き出し〕

拝啓 霜降の候、心地よい秋の風が吹き抜ける季節、◯◯様には、ご清祥のことと、お慶び申し上げます。

拝啓 霜降の候、秋涼が爽やかな好季節、ますますご活躍のことと存じます。

〔結び〕

朝晩寒くなってまいりました。お体に気をつけて、お過ごしください。かしこ

木枯らしの季節ですが、健やかに、お過ごしください。かしこ

 

友人・知人に送る手紙

〔書き出し]

霜降の候、朝晩は、だいぶ涼しく感じられるようになりました。お元気ですか?

霜降の候、空が高く、雲がくっきり見える清々しい季節です。いかがお過ごしですか?

〔結び〕

和気の夜長、久しぶりにお会いしたいものですね。ご都合をお知らせください。

季節の変わり目ですので、くれぐれも、お体にはお気を付けください。

 

 

さいごに

「霜降の候」の読み方は、漢字の部分を全て音読みにして、(そうこうのこう)と読みます。

(しもふり)と漢字を訓読みにして、間違って読まないように気をつけたいですね。

「霜降」の意味は、露が冷たい空気で、霜になって、降り始める季節を表しています。

候は、季節や天候を表す言葉で、「◯◯の候」とは、「◯◯の季節になりましたが‥」という意味になります。

ですので、「霜降の候」は、露が冷たい空気で、霜になり降り始める季節になりましたが‥」という意味になります。

「霜降の候」の使える時期は、二十四節気の霜降(10月23日頃)から、立冬(11月7日頃)の前日までとなります。

ということで、あなたも、この秋、霜降の候を使って、親しい方や、友人に、お相手の体調を気遣う手紙を出してみてはいかがでしょうか?

きっと、お相手に喜ばれると思いますよ。

よろしければクリックおねがいします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ

-時候の挨拶

© 2020 Sakidori Lab