時候の挨拶

早春の候の読み方と意味は?使える時期と時候の挨拶を含む例文も紹介!

早春の侯 時候の挨拶 読み方 意味 例文

 

改まった手紙やビジネス文書などを書く時に使うのが時候の挨拶です。

その一つに、早春の候があります。

時候の挨拶は、使える時期が限られているので、時期を間違えないようにしましょう。

間違えると、お相手に良い印象を与えないので、正しい知識を持つことが必要になります。

ということで、今回は、「早春の候」の読み方と意味、使える時期や挨拶文の例文などをご紹介します。

 

早春の候の読み方と意味は?

「早春の候」は、漢語調の表現ですので、漢字の部分を全て音読みにして、「そうしゅんのこう」と読みます。

早春は、春の初めの頃、または、春まだ浅い頃を意味しています。

早春という言葉は、春の足音がそこまでやってきているのを予感させてくれる表現です。

寒さが緩み、日に日に暖かくなるのを実感する際の時候の挨拶として、手紙の最初のところで使います。

侯は、天候、気候、季節を表す表現で、時候の挨拶では、「〇〇の季節になりましたが‥」という意味が込められています。

早春と似た言葉として、初春、浅春などもあります。

初春とは、お正月だけでなく、立春以降に使用するケースもあります。

旧暦では、1月、2月、3月を春としていました。

外の日差しが徐々に暖かくなってきたら、使いたい時候の挨拶です。

 

早春の候が使える時期は?

早春の侯は、2月4日の立春から、3月中旬頃まで使えます。

地域によっては、雪が降ったり、寒さが厳しいところもあります。

ですので、「早春の候」は、2月4日から2月いっぱいぐらいまで、使うのが最適です。

2月は、まだまだ寒く、春には、程遠い季節でもあります。

なので、「早春の候」を使うのは、2月でも、中旬以降に用いるのが最適と言えます。

同じような時候の挨拶に、「春暖の候」などがあります。

 

早春の候を使った例文

ここでは、「早春の侯」を使った例文をビジネス・公的な手紙、上司恩師に送る手紙、友人・知人に送る手紙の3つのパターンに分けてご紹介します。

 

ビジネス・公的な手紙

〔書き出し〕

拝啓 早春の候、貴社、ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。

拝啓 早春の候、平素より格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。

〔結び〕

時節柄、お体を大切に、益々のご活躍をお祈りします。敬具

貴社、一層のご発展とご活躍をお祈り申し上げます。敬具

 

上司・恩師に送る手紙

〔書き出し〕

拝啓 早春の候、皆様、ますますご健勝のことと存じます。

拝啓 早春の候、まだ寒さも残ります。皆様、いかがお過ごしでしょうか?

〔結び〕

春とは名ばかりの寒さです。どうぞご自愛ください。かしこ

季節の変わり目の折無理なさらずにお体を大切になさってください。かしこ

 

友人・知人に送る手紙

〔書き出し〕

早春の候、日ごとに春の暖かさを感じますね。いかがお過ごしですか?

早春の侯、徐々に暖かくなってきました。ご機嫌いかがですか?

〔結び〕

もうすぐ桜の便りが聞こえる頃、お会いできるのを楽しみにしています。

花冷えのする頃です。ご健康でお過ごしください。

さいごに

「早春の候」は、2月に使う時候の挨拶です。

「早春の候」の読み方は、漢字の部分を全て音読みにして、「早春の候」と読みます。

早春は、春の始め頃、または、春まだ浅い頃を意味します。

侯は、天候、気候、季節を表す表現で、時候の挨拶では、「〜の頃になりました」という意味になります。

ですので、「早春の候」全体の意味は、暦の上では、春を迎えた季節、少しずつ春を感じ始める季節という意味になります。

「早春の侯」は、2月4日の立春から3月中旬頃まで使えます。

ということで、あなたも、この春、早春の候を使って、親しい方や友人に、暖かい春を感じさせる手紙を書いてみてはいかがですか?

-時候の挨拶

© 2021 Sakidori Lab