時候の挨拶

残菊の候の読み方と意味は?使える時期と時候の挨拶を含む例文も紹介!

残菊の候 時候の挨拶 読み方 意味 例文

https://sakidori-lab.com

 

ビジネス文書や、手紙を書く時に使うのが、時候の挨拶です。

その一つに、「残菊の候」という表現があります。

「残菊の侯」は、あまり聞きなれない言葉なので、いつの時期に使えるのか、ご存じない方も、多いのではないでしょうか。

時候の挨拶は、使える時期が限られていたいるため、使い方を間違えると、お相手に良い印象を持ってもらえなくなってしまいます。

そこで、今回は、「残菊の候」の読み方や意味、使える時期やビジネス文の具体的な例文などについて、ご紹介したいと思います。

 

 

残菊の候の読み方と意味は?

「残菊の侯」は、漢語調の表現ですので、漢字の部分を音読みにして、(ざんきくのこう)と読みます。

菊という漢字は、非常に珍しく、日本語にした場合、音読みがなく、きくという訓読みしかありません。

ですので、このように、音読みと訓読みが混じったような読み方になっています。

「侯」は、天候、気候、自然現象を表す言葉で、時候の挨拶においては、季節、時節、といった意味になります。

「侯」の類義語として、折やみぎりという言葉があります。

残菊は、9月9日の重陽の節句を過ぎた後の菊、晩秋の頃に、咲き残っている菊の花という意味になります。

ですので、「残菊の侯」は、全体として、「またまだ、菊の花が残っている頃」、「菊も散り際を迎える頃になりましたが‥」という意味が込められています。

 

 

残菊の候が使える時期は?

残菊の候を使う具体的な時期は、およそ、11月になります。

11月7日頃には、すでに、立冬になり、暦の上では、冬です。

それ以前の晩秋から初冬の頃に使われるのが、残菊の侯という時候の挨拶です。

旧暦の9月9日は、現行暦では10月下旬頃を指しています。

旧暦と現行歴では、およそ、1か月ぐらいのズレがあるため、現行暦では、11月頃となるわけです。

 

 

残菊の候を使った例文

ここでは、「残菊の候」を使った例文をビジネス・公的な手紙、上司・恩師に送る手紙、友人・知人に送る手紙の三つのシーンに分けて、ご紹介します。

 

ビジネス・公的な手紙

〔書き出し〕

拝啓 残菊の候、貴社、ますますご発展のこととお慶び申し上げます。

拝啓 残菊の候、貴社、ますますご発展のこととお慶び申し上げます。

〔結び〕

末筆ながら、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。敬具

何かとご多用とは存じますが、くれぐれも、無理などなさらないようご自愛ください。敬具

 

上司・恩師に送る手紙

〔書き出し〕

拝啓 残菊の候、朝夕冷え込む季節ですが、お元気でお過ごしでしょうか?

拝啓 残菊の候、日に日に秋が深まる季節となりました。いかがお過ごしですか?

[結び]

向寒のみぎり、お体には、お気をつけてお過ごしください。かしこ

ご家族の皆様のご健康をお祈りいたしております。かしこ

 

友人・知人に送る手紙

〔書き出し]

残菊の候、寒くなってきましたね。お元気ですか?

残菊の侯、そろそろコタツが恋しい季節となり、我が家でも、ストーブが活躍し始めました。

〔結び〕

くれぐれもご自愛くださいませ。

温かい食事を囲みながら、お会いできる日をお待ちしています。

 

 

さいごに

「残菊の候」は、11月に使える時候の挨拶です。

「残菊の侯」は、漢字の部分を音読みにして、(ざんきくのこう)と読みます。

菊という漢字は、きくという読み方しか、存在しないため、このような読み方になっています。

残菊の意味は、晩秋の頃に、咲残っている菊の花という意味になります。

「侯」は、季節、時節、自然現象を表す言葉で、「〇〇の侯」は、「〇〇の季節になりましたが‥」という意味になります。

ですので、「残菊の候」は、「菊の花が残っている頃」、「菊も散り際を迎える頃になりましたが‥」という意味になります。

「残菊の候」の使える時期は、主に11月です。

ということで、この秋、あなたも、「残菊の侯」を使って、親しい方や友人に、手紙を書いてみてはいかがですか?

風情があっていいと思いますよ。

 

よろしければクリックおねがいします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他生活ブログへ

-時候の挨拶

© 2020 Sakidori Lab